2014年03月05日

第44回コンテナ到着報告

第44回コンテナ荷下ろし作業 2014年2月28日 010.jpg

JFSAで1月15日にコンテナに詰みこまれた古着等は、2月26日にパキスタンのカラチ港に到着しました。
そして、2月28日にコンテナから下ろされました。
13時から始まった荷下ろし作業はお昼休みを挟んで16時半に終えることができました。

これらは荷下ろし中に撮影した写真です。

第44回コンテナ荷下ろし作業 2014年2月28日 015.jpg

1枚は、50キロのベールを担ぐ荷役労働者です。
彼らに「50キロを一人で100個近く運ぶのは大変ではないか」と尋ねました。
「お前の所のベールは軽いので楽だよ! 日本からのベールは100キロが普通だからな」と答えてくれました。

第44回コンテナ荷下ろし作業 2014年2月28日 051.jpg

 もう1枚は、今回荷下ろしをしてくれた人の中で一番年配だった人です。
年齢を尋ねてみました。「40ぐらいじゃないか」と答えてくれました。
でも「40に しては老けてないか」と卸売業者のニアーズに尋ねてみました。
「荷役労働者の多くはアフガンからの不法入国者が多いので身分証明証もない。また、親が文字 の読み書きができないので出生を政府に届けていない。自分の年齢がはっきりわからない。確かな年齢はこういう仕事では必要ないしな」と。

 このような荷役労働者とのやり取りで知り得るパキスタンの事情は、パキスタンのガイドブックや専門書にも記載はされていない。こういったやり取りを集めたもう一つのガイドブックが作れると良いなと思いました。

海外事業担当 西村
posted by jfsa at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390604980
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック